新年

おめでとうございます。

c0050237_16341094.jpg


ナンヨウツバメウオの幼魚
[PR]
# by megalopa | 2017-01-04 16:35 |

2016新年

おめでとうございます。


c0050237_10193335.jpg



オキゴンベ
絵みたいだけど絵じゃなくて写真です。
[PR]
# by megalopa | 2016-01-02 10:20 | 日々

新年

おめでとうございます。

c0050237_11182349.jpg

写真はイセエビの赤ちゃん 


すっかりブログをご無沙汰してしましました。
また、ぼちぼち書いていこうかと思います。
[PR]
# by megalopa | 2015-01-04 11:22 | 日々

新刊&読んだ本

図鑑、少しずつ反響が♪



c0050237_23271096.jpg



くわしくはこちら


6月に読んだ本

More
[PR]
# by megalopa | 2014-07-31 23:25 |

新しい図鑑

新刊の図鑑です。

分厚いけれどなんとかハンディ。


c0050237_13431975.jpg



詳細は、こちらへ
[PR]
# by megalopa | 2014-07-25 13:38 |

新刊♪ &4月に読んだ本

新しい本が出ました。


c0050237_11122148.jpg

新書版のかわいい本。

ダイビングやスノーケル、磯遊びの際に見られる幼魚200種が見分けられる図鑑。特徴がわかりやすい白バック写真に識別ポイントを矢印で示し、成魚や一部の若魚の写真とともに紹介。実物大のシルエットも掲載し、幼魚をずらりと並べた一覧表は検索に便利。

著者:小林安雅
発行:文一総合出版
価格:1512円














4月に読んだ本   ……す、すくない。


独居老人スタイル (単行本)独居老人スタイル (単行本)感想
時がたてば誰でも老人になるのだけれど……こういう方々がいると何だか勇気づけれらる。早稲田松竹映画劇場のお掃除担当の女性がつくる、さまざまなオブジェが楽しく飽きることなくながめた。
著者:都築響一




捨てる女捨てる女感想
著者ならではの物に対する執着心と、その捨て方に共感を覚えた。捨てる周辺のさまざまな出会いやエピソードも興味深く読んだ。
著者:内澤旬子

読書メーター

[PR]
# by megalopa | 2014-05-28 11:19 |

読んだ本

3月分。



アイビー・ハウス (講談社文庫)アイビー・ハウス (講談社文庫)感想
夫婦のシェアハウスって、やはりムリがあるのだなあ。それぞれの気持ちがツタに絡め取られしばられていく様が読んでいて苦しくなった。
著者:原田ひ香




くもりときどき晴レルくもりときどき晴レル感想
子ども同士、子どもと大人、さまざまな気持ちが交差する。さりげなさを装いつつ、一生けんめい考える子どもたちが愛おしい。
岩瀬成子




東京日記4 不良になりました。東京日記4 不良になりました。感想
ふつうの暮らしをふつうに綴っているのだけど、いつのまにかふつうじゃなくなっている。ところどころ、おかしくてぷふっと笑いました。
著者:川上弘美




漁師の愛人漁師の愛人感想
プリンの連作3編と2つの短編。著者が綴るお話はカラフルだ。個人的には表題作がおもしろかった。
著者:森絵都




あの日、僕は旅に出たあの日、僕は旅に出た感想
雑誌『旅行人』休刊の経緯がよくわかった(何度か投稿していた)。グレゴリ青山、さいとう夫婦登場の下りも興味深かった
著者:蔵前仁一




てらさふてらさふ感想
少女時代の野望、空想を実現できるのはネット時代の今ならではだと思った。最後の弥子の懲りないことば、「どうする? やっちゃう?」。 やっちゃえ! そしてその後の話を読んでみたい。
著者:朝倉かすみ




尾瀬・ホタルイカ・東海道 (幻冬舎文庫)尾瀬・ホタルイカ・東海道 (幻冬舎文庫)感想
東海道目当てで読んだ。『東海道でしょう』の藤田香織さんを銀色さんがどのように書いているか知りたかったので。つれづれシリーズよりおもしろく読んだ。
銀色夏生




私の赤くて柔らかな部分私の赤くて柔らかな部分感想
荒涼としたイメージで読み進んだけれど、読後感はみずみずしい。
著者:平田俊子




はじまらないティータイムはじまらないティータイム感想
テンポよくストーリーが進むので、あっというまに読んでしまった。
著者:原田ひ香




彼女の家計簿彼女の家計簿感想
戦中から戦後に綴られた家計簿(日記)が興味深い。NPOのある谷中界隈が子細に書かれている(東京ロンダリングも谷中が舞台)。おもしろくて一気読みした。
著者:原田ひ香




東京ロンダリング東京ロンダリング感想
事故物件に一定期間住むことにより、その場所を浄化(?)する仕事。最初はやむなく、最後は自分の仕事だと実感していく。同業の管先生のキャラクターもいい。興味深く最後まで読んだ。
著者:原田ひ香




母親ウエスタン母親ウエスタン感想
おもしろくて一気読み。ロードムービーを見ている感覚。当初、タイトルに違和感があっったけれどなるほど、このお話は「ウエスタン」
著者:原田ひ香




年収150万円一家森川さんちの 沖縄・屋久島 お値打ち旅 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)年収150万円一家森川さんちの 沖縄・屋久島 お値打ち旅 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
行った先のスーパーなどでその土地にしかない食材を買って調理して食べるって、いいなあ。ロングステイに興味津々。ただ、1カ月は…ムリかなあ。
著者:森川弘子




読書メーター

[PR]
# by megalopa | 2014-04-25 10:50 |

卒業


先日、ムスメの大学の卒業式があった。
会場は入学式と同じ中野サンプラザ。
入学式、ついこの間と思っていたけれど…月日は飛ぶように流れていく。




ムスメが着たのは、私の若いときの訪問着にレンタルの袴。
面倒だから、着物も全部借りなさいと言ったけれど、ムスメがこだわった。
――結果、よかったかも。できればブーツじゃなくて草履にして欲しかったけど。


c0050237_10561989.jpg












いっしょに写真撮ったら、自分のあまりなおばあさんぶりに絶句(T_T)
ふだん鏡で見るのと、改めて写真で見るのとではかなり違うことを実感。




夕方から中高からの母たちで飲み会。久しぶりにアルコール摂取。
楽しく飲んだ。



2月本(1月分に間に合わず、けっこう読んだのに…)

ポースケポースケ感想
興味深く、楽しく読めた。ポトスライムをもう一度読もう。
読了日:2月12日 著者:津村記久子




一私小説書きの日乗 憤怒の章 (単行本)一私小説書きの日乗 憤怒の章 (単行本)感想
原作の映画に対してかなり厳しいのだけど、あれこれと気をもむ作者。編集者とのやりとりもおもしろい。カルピスサワー、飲んだことがないのだけれど、飲みたくなった。〆はオリジンの白飯にナメタケ。
読了日:2月12日 著者:西村賢太

読書メーター

[PR]
# by megalopa | 2014-03-25 11:03 | 日々

新年

c0050237_1332258.jpg


うちのペット、チャーリー・パク。マメルリハインコ@凶暴

ほんとの新年は節分だと思っている。

More
[PR]
# by megalopa | 2014-01-13 13:35 | 日々

10月に読んだ本

10月に読んだ本。
現在は読書時間激減中。
この状態で師走を迎えると思うとため息が出ます。

More
[PR]
# by megalopa | 2013-11-30 14:37 |

9月に読んだ本

これだけ間があくと忘れそうかと思いきや、意外と読んだときのイメージが思い出される。
読書メーターに感謝。
あらかた、家にこもって仕事している日常です。


晴れたり曇ったり晴れたり曇ったり感想
読み応えのあるエッセイ集。短編だけど、物語を読んだような余韻が残っている。うまいなあ…。
著者:川上弘美




俺は駄目じゃない俺は駄目じゃない感想
主人公がどん底を味わい、そこから這い上がっていくという著者の筆致。今回も裏切られることなく、気持ちよく読んだ。「気持ちよい」とは、よれてこんがらがった毛糸がスルスルとほどけ、きれいに巻かれていく感じ。
著者:山本甲士




世界地図の下書き世界地図の下書き感想
児童養護施設で暮らす子どもたちのお話。淡々とした描写なのに、施設内のさまざまな場面と人々のやりとりに臨場感がたっぷり。主人公太輔の大人を見つめ方、確執のある叔母とのやりとりなど、グッと胸に迫ってきた。
著者:朝井リョウ




晴れときどき涙雨 高田郁のできるまで晴れときどき涙雨 高田郁のできるまで感想
著者の丹念な取材力に感服。阪神・淡路大震災に遭遇していたことなど、著者が「できるまで」と著者の人柄がよく表されている。「物を書きたい人」と「物書きになりたい人」――著者は前者というのも納得できた。
著者:高田郁




みをつくし献立帖 (ハルキ文庫 た 19-9 時代小説文庫)みをつくし献立帖 (ハルキ文庫 た 19-9 時代小説文庫)感想
レシピだけでなく、このシリーズの色々なエピソードに書き下ろし小説まで入っている、まさにおいしい一冊。もうひとつうれしかったのは、新・旧つるやさんの間取り図が出ていたこと。旧つるやにはお膳がなかったんだと納得しました。
読了日:9月9日 著者:高田郁

読書メーター

[PR]
# by megalopa | 2013-10-31 15:40 |

8月に読んだ本


この夏は、みをつくし料理帖シリーズをググッと読んだ。
時代小説は苦手だけど、このシリーズはイケル。

10月から仕事モードで読書量が減るかも……減らなかったりして(^^;)




花散らしの雨 みをつくし料理帖花散らしの雨 みをつくし料理帖感想
一癖ありそうな登場人物が期待を裏切らず、澪とからんでくる。小松原様と今後一波乱ありそうな……。目が離せないシリーズです。
著者:高田郁


More
[PR]
# by megalopa | 2013-09-30 16:36 |

7月に読んだ本

7月
読書量激減。

海に行くと、夜すぐに眠くなってしまうので。
--夜寝る前2時間が読書時間--



ふしぎ駄菓子屋 銭天堂ふしぎ駄菓子屋 銭天堂感想
タイトルに惹かれて手にとった。児童書だけど、大人が読んでもおもしろい。駄菓子が今っぽいのでレトロ感は期待できないかも。大団円な終わり方をしていないので、続編があるのかも。
著者:廣嶋玲子






ランチのアッコちゃんランチのアッコちゃん感想
落ち込んだままじゃ、人間つまらない。ランチタイムに起こるさまざまなことから、自分を見つけていく。前半と後半では物語の色合いが変化するが、ガッツな子が出てきたり、読んで元気になる一冊です。
著者:柚木麻子






僕の父は母を殺した僕の父は母を殺した感想
きっぱりと立っている著者の表紙が印象的。父親をどう許すか……葛藤の長い旅の末に行きついた場所でこの本を書いたのだろう。
読了日:7月20日 著者:大山寛人

読書メーター

[PR]
# by megalopa | 2013-08-31 10:24 |

ボクの名前を知ってるかい

c0050237_2123529.jpg


イシダイ太郎というんだよ♪

c0050237_2144717.jpg


赤沢の海に去年の秋から住みついているイシダイ。
ひじょーに人なつこい。
ずっとずっとついてくる。どこまでもついてくる。

イシダイ太郎の名付け親は東京ダイバースの椎名さん。

ずっとスノーケリングばかりしていて、1年ぶりにスクーバで海に入った。


c0050237_218714.jpg


エキジットポイントの岩の下にタコがいた。
サザエをがっしり捉えて離さない。
これから食事かも……。
[PR]
# by megalopa | 2013-08-13 21:10 |

読書量激減

6月に読んだ本のまとめ


色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年感想
つくるの喪失感に共感。ただ、かつて友情を培った4人に会うことの意味が「巡礼」なのだろうか? 最後に再会した女性との会話のなかに心に残るフレーズがあった。
著者:村上 春樹




その他は

More
[PR]
# by megalopa | 2013-07-30 14:24 |

アイ・アム・タコ

c0050237_1430834.jpg



ムスメがなかなか家に帰ってこない。
その理由がこれ。
「葛西臨海水族園が映画スタッフとおとどけする」という展示会。
「映画スタッフ」として参加して、タコの絵を何枚も描いているらしい。
(このイメージチラシのタコもムスメ作)

就活の一環なのだけど、かなりハード。

……しかし、

ムスメが不在だとお米が減らないにゃあ。
[PR]
# by megalopa | 2013-07-25 14:37 | 日々

マイブーム再燃


c0050237_1724178.jpg



ムスメのオーダーで、また、つくっている。

数年前、ムスメのガッコの文化祭で、130個完売した。
安かったこともあるけれど(^^;)

それ以降もちょこちょこつくってきた。
外国の人へのお土産にしたり、
年配の人にプレゼントしたり。

今回はあるイベントでムスメが売るらしい。
若い子が多いので、和柄は極力控えて、
今っぽいプリント柄を着せている。


た、たのしいなあ。
[PR]
# by megalopa | 2013-07-10 17:30 | 日々

4月に読んだ本

c0050237_927038.jpg

photo/ Yasumasa Kobayashi

 しつこく、お魚クイズ。
 この魚の名前は何でしょう。

 ① カマカ
 ② ナベカ
 ③ フライパンカ





東京に戻っている。

伊豆にいると、何をするでもなく過ごしているけれど、それなりに疲弊する。

東京は人が大勢いるけれど、自分の存在意識をなくして街中を歩くと癒される。


 答え   ②

 ※昔、F氏が考案した。






5月に読んだ本。

More
[PR]
# by megalopa | 2013-06-30 09:30 |

幼魚クイズ


昨日、海に入っておいてよかった。


今日は朝から雨がざーざー降っている。

私、ペーパードライバーなもんで、こういう日は外に出られない。
傘一本でどこへでも歩いて行ける東京が恋しい。

この辺りは別荘地。
冬になるとゴウゴウと風が吹く。
それで、永住を決めた人が1年もたたないで引っ越しちゃうことも
あるらしい。
こんな雨が続いても、そうかも……。


私は朝からPCで書き物。
とーちゃんは仕事場で撮影。


クーイズ、クイズ、幼魚クイズ


c0050237_20304836.jpg


 全長4㎝。 ちょうとピンぼけ(私が撮ったので)
 さて、何の幼魚でしょう?

 わかった人はかなりのお魚通。


 
答えはこちら

More
[PR]
# by megalopa | 2013-06-26 20:33 |

ひらひら

台風の後、下田の海に入ったら、生き物がチラホラとしかいなかった。
そういうときは、石をひっくり返してみる。
いた、いた♪  

   ヒラムシ~~

c0050237_13244043.jpg




  泳ぐ姿は、なかなか美しい

c0050237_13252229.jpg




  着地~

c0050237_13235688.jpg





 ダイビングに夢中の時、「今日は何もいなかった」というセリフをよく吐いた。
 いや、見えなかっただけ。海には饒舌なほどの生き物が隠れている。











下の広告と一切無関係です。
[PR]
# by megalopa | 2013-06-24 13:27 |